エボラブルアジアとアドベンチャーの月次(9月分)

 

エボラブルアジア、アドベンチャーの月次以外の内容については以下の記事を参考にしてください。

エボラブルアジア

エボラブルアジアの直販取扱高は少し回復したが物足りない印象。

 

直販
グラフ.エボラブルアジア直販取扱高

 

しかし全体の取扱高はかなり伸びている

内訳を発表していないのでどの取扱高が伸びているのか不明。

エボラブルアジア取扱高
グラフ.エボラブルアジア取扱高
取扱高

(億円)

前期比 直販前期比
10月 25.8 +28% +74%
11月 24.5 +27% +75%
12月 21.4 +20% +75%
1月 21.1 +31% +74%
2月 29 +37% +60%
3月 35.4 +51% +76%
4月 31.8 +43% +53%
5月 31.4 +44% +42%
6月 41 +54% +30%
7月 43.5 +32% +22%
8月 44.7 +60% +10%
9月 53.7 +89% +24%

 

アドベンチャー

アドベンチャーの取扱高は相変わらずかなり伸びているがいつまで続くのかが問題。

取扱高(億円) 前期比
11月 非開示 +100%越え
12月 非開示 +100%越え
1月 非開示 +100%越え
2月 32.1 +125%
3月 40.4 +146%
4月 37.7 +98%
5月 42.5 +125%
6月 49.5 +120%
7月 66.3 +113%
8月 56.9 +121%
9月 55.2 +117%

アドベンチャーは月次発表日がバラバラな感じ。従業員が少なくてうまく回っていないのかも。
エボラブルアジアもOTAの従業員は同程度だが、本社管理部門の従業員がたくさんいるのでIRもしっかりしている印象。

オープンドア

前回の記事のエボラブルアジアとアドベンチャーの比較(月次)では触れていないが、オープンドアが運営しているトラベルコというメタサーチがある。オープンドアは月次を発表していないしビジネスモデルが異なるためエボラブルアジア、アドベンチャーと単純比較ができない。

またエボラブルアジア、アドベンチャーと違い航空券のみならずホテルやツアーなども多く取扱っている。オープンドアもかなりのOTA有望株。

PricelineやExpediaをみるとOTA関連株はまだまだ成長余地がありそう。

オープンドアは2Q決算に注目しています。2Q決算は売上が伸びると予想していますが現在の株価はかなり織り込まれていると思うので高値掴みには注意が必要だと思います(個人的な意見です)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です