PKSHA Technology(パークシャテクノロジー)上場について

PKSHA Technology上場について

簡単にまとめると

  • 機械学習・深層学習(ディープラーニング)関連株
  • 参考として深層学習のDeepMindはGoogleに£400m ($650m)当時のレートで660-670億円くらいで買収された(2014年1月発表)
  • 上場時の時価総額は公募価格ベースで300億円超(おそらくもっと高くなる)
  • 取引先は大手かつNo.1ばかり。ドコモ、東電、リクルート、電通、LINE、トヨタ(あとで詳述)
  • 短期の業績にすぐ繋がりそうなのはドコモとの取引とLINEをはじめとする問い合わせ業務系(あとで詳述)

大手との取引

大手ばかりでしかも業界ナンバーワンと組んでいるのには、理由がありそう。

データ量が機械学習のレベルを上げるために必要なことと、企業の重要データを扱うため、ライバルとの同時契約はしにくく、業界ナンバーワンのデータに絞って扱っているっぽい。

 ドコモとPKSHA

ドコモはPKSHAと購買支援システム「ecコンシェル」を共同開発。導入社数は7月時点で3200社超。有料会員は月額3,000円/10万PVを払う。契約の詳細は不明だがレベニューシェアはあるのではないかと予想。

ドコモとは業務資本提携していて、医療や健康など他の分野でも開発するそうなので、売上はまだまだ期待できそう。

問い合わせ業務系LINEとPKSHA

問い合わせ業務を自動化によりコールセンターの人件費コストを削減できる。コールセンター業務は、市場規模がそこそこあり、ベルシステム24やトランスコスモスなど上場企業が行っている。ベルシステム24は伊藤忠資本であり、伊藤忠がPKSHAに出資したのは、コールセンター業務はほぼ自動化されることを見越してだろう。問い合わせ業務を自動化すれば、ずっとストック収入が得られるのは大きい。広がれば広がるほど儲かる。

LINEとはLINE カスタマーコネクトで自動応答する。質問認識率約89%と高い。

インベスターズクラウドとはチャットボットTATERU Bot AIの共同開発。

他にもクレディセゾンアスクルとも。問い合わせ業務の自動化は、短期的にはPKSHAの稼ぎ頭になると思う。

 

BEDORE
BEDOREのHPより

トヨタとPKSHA

自動運転はすぐに収益化しないのでいまのところは、あまり・・・。ただ、資本提携しているので自動運転も力が入って将来は期待できそう。

リクルートとPKSHA

松尾研究室はリクルートとの共同研究で、大学受験の学習支援サービス「受験サプリ」、ゼクシィnet、スーモにおけるデータを解析しているらしいが、どれがPKSHAと関係あるのかは不明。しかもリクルート自体もAI研究をしているので、どう絡んでいるのかわからなかった。東電と電通も同様にわからず。

ストックオプションと労務費

ストックオプションは上場前発行済み株式数の13.8%で多い。しかし、前期は従業員が19人で労務費たった1億円。安すぎる。シリコンバレーなら最低で1人1500万は必要な業種でこれなら、人件費をストックオプションでって感じなのだろう。だから13.8%で多くみえるけど、今回のケースでいえば実際にはそんなでもないと思う。

あと、取締役の報酬も激安。2人で768万。社外監査役も激安。ちなみに、社外監査役の佐藤裕介氏は上場企業のフリークアウトHDとLINE子会社のM.T.Burnの代表取締役。

一人当たり売上高

上場時に従業員が30人しかいない。3q時点で7億の売上なので1年間でいうと1人あたり3000万の売上。まだまだ増えるだろうけど、コストも全然かからないAIの収益性は、まじでやばい。将来、人間の代わりになったらAI税は確実だろうね。

現金預金

資産総額11.3億円に対して8.2億円が現金って、凄すぎ。将来ROAは見たこともないような数字になるだろうね。

世界との競争

データの量がAIのレベルを左右するらしいので、そういう意味では、まだまだ他にも日本のナンバーワンの企業と組んでデータ量を増やしていくだろう。その度に材料になりそう。ただ、世界でみるとGoogleや、FBマイクロソフトのユーザー数には敵わないだろう。また、人口の多い中国とインドも有利。日本の中でナンバーワンの企業と組んでも、データの量はきつそう。そうなってくると、海外企業との提携も十分ありえそうだ。材料でいうとかなり多い部類と思う。

 

IPOで9/29に上場するマネーフォワードは、注目度が高いです。

マネーフォワードについてもまとめていますのでこちらの記事もオススメです。

 

「人工知能は人間を超えるか – ディープラーニングの先にあるもの」は各社の人工知能の分類や位置付けがわかりやすかったのでオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です